GoToトラベルキャンペーン

どこでもドアきっぷをキャンセルする方法は?キャンセル料金は?

GoToトラベルキャンペーンとどこでもドアきっぷの併用で旅行を楽しむ方も多くいらっしゃいましたが、ちょっと良くない空気になってきましたね。

旅行はずいぶん前に予定してどこでもドアきっぷも買ってしまったけど、コロナの第3波も心配だしキャンセルしようかな…。

と思っている方も多いのでは?

そこで今日はすでに購入したどこでもドアきっぷをキャンセルする方法やその際にかかるキャンセル料金などをご紹介していきます。

どこでもドアきっぷをキャンセルする方法は?キャンセル料金は?

 

どこでもドアきっぷのキャンセルはすでにきっぷを受け取っている場合、受け取り前でキャンセルの方法が異なります。

キャンセル料金はキャンセル可能であれば同一料金です。

『どこでもドアきっぷ』キャンセル料金は?

キャンセル料金はきっぷの受け取り前でも受け取り後でも同じ料金です。

1名分の手数料
  • 乗車券部分:220円
  • 特急券部分:340円×6=2,040円

合計のキャンセル手数料:2,260円

キャンセル料金は上記のように1名分、2,260円です。

『どこでもドアきっぷ』2名以上で利用することが条件となっていますので、キャンセルによって1名になってしまう場合は効力は無効となります。

なので、2名で予約されていた場合は2名ともキャンセルということになりますね(;^_^A

指定席の予約回数にかかわらず、手数料は同額です。

『どこでもドアきっぷ』キャンセル期限

キャンセル(払い戻し)が可能な条件は以下の通りです。

  • 未使用で有効期間開始日前
  • 座席指定をしている場合は、有効期間開始日当日の一番初めに出発する指定列車の出発時間まで
  • 座席指定をしていない場合(自由席)、有効期間開始日の予約・変更・払い戻し可能時間内

つまり、有効期間開始日当日であっても予約している列車の出発前であればキャンセル(払い戻し)が可能ということですね!

『どこでもドアきっぷ』キャンセルの方法

きっぷ受け取り前のキャンセルの場合

JRインターネット予約(「e5489」・「JR九州インターネット列車予約サービス」)で予約し発券前の場合、キャンセル可能期限内にJRインターネット予約サイトにて払い戻し手続きが可能です。

この場合はご自身でパソコンやスマホからサイトにアクセスして払い戻し手続きをすることになります。

きっぷの受け取り後の場合

インターネットで予約しすでに発券した場合、または旅行代理店でどこでもドアきっぷを購入した場合、すでにお手元にどこでもドアきっぷがあります。

この場合はJR西日本・四国・九州のみどりの窓口(旅行代理店で購入された場合は購入した旅行代理店)に行かなければキャンセル(払い戻し)手続きはできません。

※JR四国のみどりの窓口での払いもどしには制限がありますので駅係員におたずねください。

発券時には本券・レンタカー券が必ず必要です。

購入時にたくさんの切符が発券されますので一式全て持ってみどりの窓口に行きましょう。

参考>>どこでもドアきっぷ購入時に発券されるきっぷ類

スポンサーリンク

『どこでもドアきっぷ』キャンセルできないパターン

  1. 使用開始後の払いもどし
  2. 運行不能および遅延などによる払いもどし

スポンサーリンク

どこでもドアきっぷをキャンセルした方々の声

スポンサーリンク

どこでもドアきっぷキャンセルまとめ

せっかくの激安『どこでもドアきっぷ』ですが、コロナ感染症の第3波には抵抗できない…。

そんな断腸の思いでキャンセルする方のために、キャンセル方法やキャンセルの手数料をまとめてみました。

恐らくどこでもドアきっぷの利用期限である2020年12月25日まではこの状況が回復するとは思えませんね…。

また暖かくなってから同じようなキャンペーンがあることを祈ります。

『GoToトラベルキャンペーン』関連記事
error: Content is protected !!