バチェロレッテ・ジャパン

バチェロレッテの最終回結末と感想(ネタバレあり)

とうとうバチェロレッテ・ジャパンが最終回を迎えました。

福田萌子さんが画家の杉ちゃんと実業家のこうこうさんのどちらを選ぶのか大注目の最終回でした。

結末が気になる方に結局どうなったのかネタバレありでご紹介しますね!

ドキドキワクワクを楽しみたい方はAmazonプライムにて番組を見られた方が良いのでこの記事はやめておきましょう!

では早速、「バチェロレッテの最終回結末と感想(ネタバレあり)」行ってみましょう!

バチェロレッテの最終回結末と感想(ネタバレあり)

これまでのバチェロレッテと最終回予想は?

これまで(1話〜7話)のあらすじはこちらの記事を参照してくださいね↓

バチェロレッテ・ジャパン最終回目前!1話~7話までのあらすじまとめいよいよ2020年10月30日(金)0:00に最終話が公開予定のバチェロレッテ・ジャパン! 結末が気になりますが、その前にこれまで...

バチェロレッテがついに最終回を迎えた訳ですがこれに先立ち私は「最終回で誰が最後に選ばれるか」アンケートを取っていました!

バチェロレッテ最終回で福田萌子は誰も選ばない?いよいよ最終回を迎えるバチェロレッテ・ジャパン。 7話までに残っているのは画家の杉田陽平さん(杉ちゃん)と実業家の黄皓(こうこう)...

この記事の中でご紹介したように、みなさんの予想では、黄皓(こうこう)さんを予想する方が圧倒的に多かったんですよね。

番組サイド側では杉ちゃん推しだったように見受けられましたが…。

バチェロレッテと最終回結末は?誰を選んだ?

最終回では、黄皓さんと杉田陽平さんがバチェロレッテ萌子さんの母親に会います。

最初に会ったのは黄さんです。

黄さんは楽しく話をしつつも、「自分は中国の国籍を持つので、もし萌子さんと結婚することになれば国際結婚となります。そのことに関してどうお考えでしょうか。」

という深い質問をします。

これには萌子さんもお母さんも、そこまでしっかり考えてくれているのだと驚きます。

黄さんの質問に対してお母さんは、「娘の幸せが一番だからそこは気にしていない」と答えました。

過去に同じような問題にぶつかったであろう黄さんには安堵の表情が見られます。

次に杉田さんがお母さんと対面しました。

緊張しつつも独特の感性を交えて話をする杉田さん。

萌子さんもお母さんも彼の世界観を非常に楽しんでいました。

お母さんへの挨拶を終えると、最後の舞台は屋久島へと移ります。

萌子さんは、「結婚するときには神様の前で誓うので、神様が住んでいると言われている屋久島を最後に選んだ」と言います。

最初はそれぞれとゆっくり過ごすために、朝起きた瞬間を共に過ごすデートをします。

ベッドでくつろぎながら黄さんと話す中で、萌子さんは過去に束縛する恋人がいたことがあるから、不安を感じると伝えます。

黄さんは自分はそういうタイプではないと伝え、萌子さんの恋愛観を聞けて良かったと感じます。

その後、食事をしながら旅を振り返りながら話をします。

すると萌子さんが突然「今日はリスクマネジメントするのやめない?」と言います。

萌子さんは黄さん自身が傷つかないように守りながら接していると感じていたようです。

これに対して黄さんは、人を好きになることをためらっていたと打ち明け、そんな黄さんを見て、やっと本当の黄さんと話しができたと萌子さんは嬉しくなります。

一方、杉田さんは朝食を取りながら萌子さんと過ごします。

萌子さんは過去の恋愛を打ち明けて涙する面も。

その後一緒に絵を描いて楽しみます。

萌子さんは杉田さんと自分の好きな時間を共有し、一緒に楽しめたことを嬉しく思います。

杉田さんは最初から描き進めていた萌子さんの絵を完成させるために萌子さんにモデルになってほしいと言います。

杉田さんが作業を進める中で萌子さんは突如涙を流し始めます。

そして最後杉田さんを見送り、ドアを閉めた瞬間にも泣き出してしまいます。

そして場面は運命のファイナルローズセレモニーへと移ります。

まず萌子さんの前に現れたのは黄さん。

自分の気持ちに真剣に向き合い、黄さんに男性として惹かれていたことを伝えます。

しかし、人生のパートナーは黄さんではないという答えを出しました。

黄さんは、出会えて良かったと言い、去っていきました。

次に現れた杉田さんには、一緒に過ごせてとても楽しかったし、会えなくなるのは寂しいけれども、それは恋人としてではないことを伝えます。

好きだけれど、男性として見ていたわけではないと言い、涙します。

そして杉田さんともお別れをしました。

バチェロッテはどちらも選ぶことなく終わってしまいました。

 

スポンサーリンク

バチェロレッテの感想

まず最終回まで残ったのが黄皓さんと杉田陽平さんという、全く真逆のタイプの二人だったことに驚き、だからこそ最後にどちらが選ばれるのかということが非常に楽しみでした。

萌子さんのお母さんとの食事や屋久島でのデートを見た上でも、どちらもしっかりと自分の気持ちを伝え、萌子さんにもわかってもらえていると感じました。

黄さんはこれまでの自信満々の黄さんではなく、人を好きになることに対しての怖さを打ち明け、殻を破りました。萌子さんも言っていたように、その時の黄さんは今までで一番格好良かったです。

黄さんの人間味のあふれる部分が見られてよかったです。

そして杉田さんは最初のころから比べると本当に成長し、自分の思いをきちんと表現する姿は素敵でした。

ここまで残るとは正直思っていませんでしたが、最後には杉田さんの魅力は視聴者にもしっかりと伝わり、残るべくして残った人なのだと思いました。

黄さんも杉田さんも本当に頑張っており、素敵だったので、萌子さんにはどちらかを選んでほしかったと思いました。

まじめな萌子さんが中途半端な気持ちで選べないと考えたことは分かりますが、それでも最後に誰が選ばれるのかを考えながら最初から楽しみに見ていたので拍子抜けでした。

 

スポンサーリンク

バチェロレッテの最終回みんなの反応

スポンサーリンク

バチェロレッテの最終回結末と感想まとめ

バチェロレッテの最終回の結末は、「福田萌子さんはどちらも選ばなかった」でした。

そんな気はしていたものの、なんだかこういう結末ってぼんやりしているというかはぐらかされたというか…。

ちょっと不本意な気もします。

リアル恋愛バラエティなので、どんな結末になっても現実として仕方ないですね。

バチェロレッテも続編が制作されるのか気になるところですが、また新しい番組が始まったら追いかけてみたいと思います。

『バチェロレッテ・ジャパン』関連記事
error: Content is protected !!