芸能人タレント

陣内孝則の長男は誰で顔画像は?経歴や親子関係も!

ミュージシャンであり俳優でもある陣内孝則さんの長男A氏が傷害容疑で書類送検されました。

事件は2017年に発生していてかなり時間がたってからの書類送検となりましたが、訴えたH氏と陣内孝則の長男A氏の間、陣内孝則さんとH氏との間にもかなり言い分の食い違いがあるようですね。

そんな事件のあらましから陣内孝則さんの長男A氏の顔画像や経歴や親子関係など気になる情報をまとめてみました。

陣内孝則の長男は誰で顔画像は?経歴や親子関係も!

陣内孝則の長男A氏とは誰?

陣内孝則さんの長男A氏は現在32歳でフジテレビに勤務し、情報番組「とくだね」の制作に携わっています。

一部に「コネ入社ではないか?」という噂もあったとか…。

※フジテレビはタレントの二世の入社が多いことで有名です。

 

名前:陣内太郎(じんないたろう)

出身大学:同志社大学

スポーツ:アイスホッケー(スポーツ推薦で同志社大学に入学?)

フジテレビ内では、史上最大の問題児とも言われ、その人格についてはあまり評判がよろしくはないようです。

「当時から〝SNS中毒〟だったようで、《一秒でも長くニュースに映るために生田竜聖くんの隣にいよう》、

《入社式からのまさかの赤坂で家族でご飯わず。開店50分前なのに店を開けてしまう父さんの影響力は改めてスゴさを感じた》

などとツイートし、大ひんしゅくを買っていました。

T氏の書類送検を知った一部の局員からは、『いつかなにかやらかすと思った』という声も聞こえてきます」(同・記者)

陣内孝則と長男A氏の親子関係は?

陣内孝則さんと長男A氏の関係は良好のようで、

2018年『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018』に陣内孝則夫妻が選ばれた時、親子でこんな会話があったそうです。

陣内孝則
陣内孝則
お前のとこ(番組)は取材に来ないのか?
長男A氏
長男A氏
行くわけないじゃん。いい話で
長男A氏
長男A氏
別れる時には独占取材させてよ

この会話を紹介した番組内で、陣内さんは「(息子は)親を売ろうとしてるんです!」と笑いを誘うコメントをしていました。

このように親子の関係はかなりいい感じのようです。

陣内孝則の長男A氏の顔画像

陣内孝則の長男A氏の顔画像としていくつかのサイトに画像が出回っています。

色々出所を確認しようと試みたのですが確かな確証が得られませんでした。

このため、今回は陣内孝則の息子A氏の顔画像として公開するのは差し控えさせていただきます。

出典:スポニチ

ちなみに、いくつかのサイトで陣内孝則氏の息子として掲載されている写真は、お父様(陣内孝則)にもお母様(陣内理恵子)にも全く似ていないお顔立ちです(;^_^A

傷害事件のあらまし

傷害事件発生

事件は2017年8月の社会人アイスホッケーの試合終了5分前に発生しました。

障害容疑告訴状の内容

(A氏は)プレーの関係ないところで、両腕で告訴人(※H氏)の左足を無理やり引っ張り上げ捻り倒した事により、左膝前十字靱帯損傷の怪我を負わせ(傷害罪)、その後倒れていた告訴人の顔面に注意義務を怠りスケートの刃を告訴人の顔面に接触させる行為を行い、鼻を10針縫う大怪我を負わせた。

多量の出血のため、試合が一時中断するほどだったという。

鼻の傷ばかりではありません。

左膝の靱帯を損傷したために、いまも歩行には違和感があり、スポーツもできない状態が続いています。

医師には“左膝には一生、障害が残る”と、言われているのです

スポンサーリンク

事件から3年も経って告訴状を提出したのはなぜ?

H氏
H氏
やはり泣き寝入りはよくないと思ったのです。警察に相談に行き、約2年間かけて準備を進めて、刑事告訴に踏み切り、(告訴状は)今年6月2日に正式に受理されました

スポンサーリンク

食い違う両者の言い分

H氏の言い分

  • 事件から2か月経っても何の連絡もない
  • 会いに言うと自分は一切悪くないという主張
  • 治療費11万円の請求に一旦承諾したものの弁護士を立てて支払い拒否。

陣内孝則の言い分

  • 試合中のファウルにもならないような事象だった
  • 見舞いに行くと防具代9万円を請求された
  • 治療費も請求すると言われたが身に覚えのない事件なので、自分の言い分は伝えるべき。

食い違う点

陣内さんはA氏がお見舞いに行ったとしているが、A氏は来ていないといっている。

陣内さんは防具代を請求されたと言っているが、そもそも防具は壊れていないし、もちろん請求もしていない。

スポンサーリンク

陣内孝則の長男の顔画像・経歴や親子関係まとめ

今回は傷害事件のあらましや、長男の顔画像、学歴・経歴、親子関係などについてまとめていきました。

食い違う両者の言い分を今後司法がどのように判断するのか気になるところです。

今後の司法の判断結果を待ちましょう!

それにしてもフジテレビ、2世タレント(2世テレビ局員)が多いですね。

やっぱり1世とは輝き方が違い過ぎて残念です。

 

error: Content is protected !!