危険なビーナス

危険なビーナス4話ネタバレあらすじと感想

2020年11月1日、『危険なビーナス 4話』が放送されました!

前回矢神家では明人が失踪、康治は末期がんで寝たきり状態になってしまいます。

4話では祥子も失踪してしまい、娘の百合華は伯郎に助けを求めて尋ねに行くシーンから始まります。

それでは危険なビーナス4話のあらすじ(ネタバレあり)と感想をご覧ください!

危険なビーナス4話ネタバレあらすじと感想

危険なビーナス 4話 あらすじ(※ネタバレあり)

伯郎の動物病院に百合華は尋ね、祥子が失踪してしまった事を告げ、一緒に捜索してほしいと頼みに来ます。

明人が失踪してしまった時と同じで、置手紙を1枚残して他の手がかりはなにもありません。

かつて母である禎子を虐めていた祥子を許すことができず、伯郎は手伝うことはできないと断ります。

伯郎に断られた百合華は、泣きながら「この事は楓さんには言わないでください。楓さんが誘拐したかもしれません。」と口止めして帰っていきました。

その頃楓は康治の看病するため矢神家にいました、そこに波恵が今後の遺産管理について寝たきりの康治を訪ねます。

すると康治は文字盤を使い、「あきとをまて」と一言だけ返し、また眠りについてしまいました。

仕事を終えた伯郎は、百合華のことが気にかかり支倉家へと向かい、百合華と共になにか手がかりがないか探していました。

すると、祥子の部屋から「あなたの夫は善良ですか?信用できますか?あなたは夫に殺される」という文書を見つけます。

手がかりになるかもしれない、と写真に収めていると、何者かに後ろから口を塞がれ、振り払うとそこには同じく支倉家に侵入した楓がいました。

びっくりした伯郎が楓と話していると、忘れ物を取りに来たという隆司が帰ってきます。

楓は伯郎に「おとりになって!」と頼み、伯郎が百合華と隆司を引き付けている間に支倉家を脱出、伯郎もその後家を出ました。

家を出た門の所で、百合華は明人から聞いていた伯郎の印象を話し始めます。

「伯郎さんは心のまっすぐな人だ。

嘘がつけなくて曲がったことが大嫌い。

駆け引きも苦手で、だけどまっすぐで温かく、自分を犠牲にしてまでもみんなに幸せになってもらいたいと考える人」

百合華は楓が本当に明人の妻なのか、本当に妻なのであれば、同じことを聞いているはずだから確かめたほうがいいと言います。

でも伯郎は「楓さんを信用しているから。」と言い、そのまま帰宅し楓と合流します。

支倉家を後にした伯郎は、楓に祥子が失踪した事と脅迫文を見せると、2人で矢神家に確かめに行きます。

すると、隆司は自転車で出かけるところで、その後を追っていくと一軒家に入っていく姿を見かけ、庭から室内を確認するとそこは永峰と不倫をする隆司の姿がありました。

2人が不倫しているところを目撃した伯郎と楓は、隆司に話しをしに行きます。

隆司はいくら払えば黙っていてくれるのかと話し、楓は2千万と答え、真実を答えてくれれば何もいらないと言います。

楓は祥子の失踪は隆司の仕業なのではないかと問い詰めますが、隆司は関係ないと言います。

そこで伯郎は「殺そうとはしていましたよね?」と隆司に問いかけ始めました。

祥子の部屋には血圧を下げる薬がありましたが、隆司の部屋には血圧を急激に上げる薬を隠し持っており、その事を問い詰めます。

すると隆司は、「もしもの時に使うつもりだった」と、不倫がバレたときの口止めで使うために持っていたことを打ち明けます。

「だけど思っているだけなら犯罪じゃない。」と隆司は続け、勇磨と佐代が怪しいと最後に話し、そこで伯郎と楓は矢神園を後にしました。

その翌日、伯郎は楓からの電話に出ると「親族会の緊急招集がきた、一緒に出てほしい」という話を受けます。

緊急招集の内容は隆司の不倫についてで、告発したのは楓ではなく勇磨だというのです。

親族会にて、勇磨は「こんな不貞を行っている人に矢神園を任せていていいのか」と発言し、隆司・勇磨・佐代の言い争いが始まります。

伯郎はその言い争いを聞き、堪えられずに「金とか遺産とかなんなんだよ!」と立ち上がります。

百合華の立場になって思いやりあうのが家族なのではないかと話していると、波恵の

「もう出てきていいんじゃないですか?」

という言葉をきっかけに奥の部屋から祥子が姿を現しました。

夫の不貞に気付き実家に帰り、隆司が探し回ったり心配をしてくれていたら夫婦関係の再構築を考えようと思っていたと話します。

祥子は伯郎に「私がいない間、夫はどうしていたか本当のことを教えてください」と聞くと、伯郎は不倫していた隆司をかばい「祥子さんが心配で探し回っていました、一番大切なのは家族なんですよ」と返しました。

祥子はその言葉に感動し、隆司とやり直す事を決め、伯郎が小さいときに禎子から盗んだネックレスを返却しました。

禎子は祥子が盗んでいたことに気づいていましたが、伯郎のことを思って黙っていたのかもしれないと祥子は話し、伯郎は楓に気になっていたことを聞く事を決意します。

「明人は俺のことなんて話していた?」

答えは百合華が話していた内容と同じものでした。

伯郎はその言葉に安堵し、「信じてよかった」と呟き、伯郎は禎子のネックレスを楓にプレゼントし、楓は感動し「これは泣きそうになるな…」と言葉を漏らします。

その頃、勇磨と佐代は支倉家を潰せなかった事を悔しがり、祥子は曲者だと話していました。

またその一方、康治の部屋で看病をしている永峰に祥子は

「遺産相続まではいてもらわないと困る」と話し始めます。

永峰に残ってもらう理由はひとつ、康治を殺してもらう事だったのです。

「ですが君津さんもいらっしゃいます…」と永峰が話した矢先に、君津と祥子は抱き合い「大丈夫、お互いさまっていうのが夫婦円満の秘訣なの」と祥子は返しました。

伯郎と楓はそんな事になっている事はもちろん知らず、2人で笑いあっています。

ここで『危険なビーナス 4話』は終了になります。

危険なビーナス 4話 感想

いかがだったでしょうか?

今回も今回でなかなかドロドロした展開になりましたね…

危険なビーナスはラブサスペンスというジャンルになるそうですが、個人的に百合華が楓に嫉妬しているシーンがすごく気になりすぎてしょうがないです…

明人の事もそうですが、この先伯郎にもなびきそうですし、楓と明人・楓と伯郎はどう展開していくか気になる部分がたくさんありますね…!

結構濃厚なドラマなイメージですが、これでまだ4話なら最終回はどうなってしまうのか…とても楽しみです!

危険なビーナス 5話 予告あらすじ

動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木聡)のもとに差出人不明の手紙が届く。そこには「今夜、康治が殺される」と書かれていた。楓(吉高由里子)と元美(中村アン)とランチにいくことになった伯朗は、2人にその手紙のことを話す。誰かのイタズラと軽く考えている伯朗に対し、楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理する。

一方矢神家では、波恵(戸田恵子)が夜7時に親族を集めて”開かずの間”を開け、遺産を再確認することを決めていた。禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、波恵は伯朗にも来てほしいという。

遺産を全て手に入れるため、康治(栗原英雄)の殺害を企てる祥子(安蘭けい)は、今夜一族が”開かずの間”を確認中に計画を実行することを君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言する。

夕方、矢神家を訪れた伯朗と楓は、康治の無事を確認する。育ての親・康治に対する複雑な思いを吐露した伯朗に対し、楓は康治殺害計画を阻止する作戦を提案する。楓はベッドの下に潜り込み、伯朗は親族が揃う部屋へ。

やがて、“開かずの間”を開ける時刻が近づき…

公式ホームページより引用

見逃がしてしまった方もParaviで全話無料配信中です♪

『危険なビーナス』関連記事
error: Content is protected !!