漫画・アニメ

アクタージュ単行本も出荷停止(絶版)からの高額転売?

大人気コミック「アクタージュ」が作者の逮捕を受けて、ついに単行本も出荷停止になりました。

出荷停止とはつまり、絶版ですねっ!

連載の停止→舞台中止からの単行本出荷停止(絶版)で、逆に単行本の希少価値があがり高額転売という状況も発生しています。

アクタージュ単行本出荷停止(絶版)までの動き

ちなみに、『アクタージュ』の原作者は逮捕されましたが、作画の宇佐崎しろ先生は全く無関係です。ただただ被害を被った方です↓

宇佐崎しろの性別・年齢やプロフィール、過去作は?原作者の逮捕を受け、連載打ち切りが決定した漫画『アクタージュ act-age』 『アクタージュ』は原作と作画担当が別人となっていま...

 

スポンサーリンク
 

アクタージュ単行本出荷停止(絶版)の内容

ここにタイトルを入力
  • 現在発売中だった1巻~12巻 → 無期限の出荷停止
  • 発売予定だった13巻以降 → 発売停止

つまり、これから先は新しい単行本は一切発売されないということです。

スポンサーリンク

絶版アクタージュの希少価値

もちろん、大人気漫画でしたし、原作者逮捕の前に単行本を買いそろえていたファンも多いと思いますが、やはり絶版になると希少価値も上がるので、その前に買っておこうという方もいます。

漫画に限らず、本全般について「絶版になっている本は総じてプレミア化しやすい傾向にある」と言えます。

買いたいと思っても買えないという希少価値がその本の価値を高め、高額で売買される可能性が高くなることが容易に想像できるため、特にその本に興味がない方まで購入するという現象が起きます。

そして、買い占めた『アクタージュ』は高額転売されるという流れですね…。

最近はホントにこの流れが定着してますね…(-_-;)

スポンサーリンク

アクタージュ単行本も出荷停止からの高額転売まとめ

今回の出荷停止(絶版)は、原作者の逮捕(わいせつ行為)によるものです。

わいせつ行為には被害者もいらっしゃいますので、その事件をネタに高額転売というのもなんだかいかがなものか…と思います。

ただ、中にはむしろこの事件をきっかけに手持ちの『アクタージュ』を手放したいという方もいますので、高額転売については一時的な現象で終わるのではないかと思います。

作画の宇佐崎しろ先生には大変申し訳ないのですが、今回はこのままそっと静かに消えていく漫画になると思われます。

error: Content is protected !!