極主夫道

極主夫道4話のネタバレあらすじと感想

2020年11月1日に『極主夫道 4話』が放送されました!

皆さん今回も見られましたか?

話が公開されるたびに「ふふっ♪」と笑いながら見させていただいてます!

原作でも破天荒で少しずれている元ヤクザの雅が玉木宏さんによって面白く表現されていますよね♪

極主夫道4話のあらすじ(ネタバレあり)と感想をご紹介しますのでよろしければ最後までご覧ください♪

極主夫道4話のネタバレあらすじと感想

極主夫道 4話ネタバレあらすじ

雅は自宅に人を招きたい、けれど片付けができず、龍に助けを求めます。

龍は部屋を見るなり、「雅…やらかしたのぉ…」と一言。

2人で雅の部屋を片付け、服の染み抜き、そして龍がカレーうどんを作りますが、雅が食べ始めると飛んだ汁が龍のシャツに飛んでしまいます。

改めて染み抜きをして外に干しますが、風に吹かれ車に轢かれ龍のお気に入りシャツは見るも無残な姿に…

龍のお気に入りの服だったので新しい服を買いに行き、店内で着替えると同じく試着室から出てきた虎次郎が同じシャツ・同じ帽子を被っていました。

龍と虎次郎はにらみ合い、「なんでパクっとんねん」と龍が言うと、「今日の占いでこの色がラッキーカラーだったんや」と虎次郎が言います。

どやらクレープ屋の経営があまり芳しくなく、ラッキーカラーを身に着ければ少しは良くなると思った様子…

雅は今にも喧嘩しそうな2人を必死になだめていました。

 

一方で、美久は母親と電話していて、今から家に来るという連絡を受けているところでした。

そこに龍が帰宅し、龍に相談すると「まかしとき!」とお茶菓子の用意に入ります。

両親が家に訪問、龍は手作りのカヌレとダージリンティーでもてなしました。

 

龍と打ち解けようと、美久の母親(YOUさん)はダジャレや昔のはやり言葉を言いながら盛り上がりますが、美久の父(正名僕像さん)は緊張しているのか会話の節々で「きゃ!」「わ!」など奇声を発し続けます。

美久と母が笑い盛り上がっていると、父は急に立ち上がり龍に

「キャッチボールをしよう!龍君!」と言い出し公園へ向かうことに。

公園に着き、キャッチボールを始めますが、龍は受けた球を歩いて父の所へ持っていきます。

「投げないと…」と父が言うと、「目上の人にタマ投げんなって言われてますので。」という龍。

父に説得されボールを投げることになりますが、フォームも完璧、投げる球も剛速球。

その玉を受けた義父は、吹き飛び鼻血を出し倒れてしまいますが、「ナイスボール!」と龍に笑いかけました。

2人を見守っていた美久の母は、美久に「お父さん、龍君のこと気に入ってんのよ」と話します。

父の心情を美久に打ち明け、「美久も色々あったもんね…でもなんで結婚式挙げないの?」と母は聞きますが、美久が答える前に向日葵が公園に来て、話は中断されてしまいました。

 

その頃、雅は虎次郎のクレープ屋におり、恋愛話や占いをして盛り上がっていました。

雅は占いに影響され、ラッキーアイテムの金のしゃちほこを身に着けゆかりの所へ行きますが、「それダサいっすね」と言われ玉砕してしまいます。

そこに龍から着信が入ります。

龍はママさんバレーの人数が足りないため助っ人に呼ばれ練習に参加していました。

雅は龍のスパイクを顔面で受け止め失神するも強制的に練習。

ママさんと龍にしごかれへとへとに、今度開かれる婦人大会に参加することが強制的に決まってしまうのでした。

休憩の時に雅は、龍に「なんで姉さんと結婚決めたんですか?」と質問をします。

一方で、美久は上司に呼ばれ、美久発案のプロジェクトが通ったと話しを聞き、喜んでいました。

ですが、上司は龍が元ヤクザである事が気にかかっており、「なんでよりにもよって君のが通るかな…」と美久に嫌味を言い放ちます。

上司に言われた事に腹を立てながら帰宅していると、肉屋さんとヤバメな会話をしている龍の姿。

龍は美久を見つけ「お勤めご苦労さんです!」といつもの任侠ポーズを決めると、上司のこともあってか「外ではやめて!」と美久に殴られ関節を決められてしまいます。

翌朝龍は、美久と向日葵を見送り掃除をしていましたが、美久の忘れ物を見つけ自転車で会社に届けに行きます。

途中、書類の入った筒をライフルと勘違いをした警察が龍を追いかけてしまいました…

警察に止められている龍を見かけた江口・雲雀・雅の3人は大城山組に乗り込むと勘違いをし、龍の事を追いかけます。

美久の会社に着いてロビーは大騒ぎ。

そんな龍達に美久は「出て行ってください!」と言い、帰宅した後「なんで警察とか引き連れてくるの?!」と龍に文句を言ってしまいました。

そこで宿題をしていた向日葵が立ち上がり、「ママが勝手すぎるよ」と一言。

「ママが忘れたんでしょ?そんなに仕事が大事なら会社に泊まってやれば?」と言われた美久は「あっそ、それならそうさせてもらうわ。」と出て行ってしまいます。

 

雅は道端で写真を撮っているゆかりを見つけ、大城山組のヤクザに絡まれているところを助けますが、香水のつけすぎで、ゆかりから「くっさ!無理なんで!」と言われ1人で逃げられてしまいました。

そこに買い物帰りの龍が取り掛かり、雅は龍に助けを求めますが背後に立ってしまった事で殴られ気を失います。

龍は「雅ぁ!背後に立ったらあかんでぇ!」と言い残し立ち去ろうとしますが、無視されていた大城山組のヤクザが殴り掛かり、もみ合いますが、龍に恐れて逃げ出してしまいました。

雅はそのあと、龍のDIYの手伝いに駆り出されます。

龍が作ったのは向日葵専用のかわいいクマの椅子。

そこに向日葵が帰宅し、雅に「なんか臭い」と言い、そのまま雅を晩御飯に誘います。

「でもこの前姉さんに迷惑かけちゃったから…」と雅がいうと、「大丈夫、ママと別居中だから」と向日葵が言い、その言葉に驚いた雅は、翌日江口に相談に行きます。

美久と龍が別居していることで、江口は龍と美久を別れさせようと行動し、町内会の和子と佳代は龍が極道に戻ってしまうとバレーボール大会の優勝を逃してしまう為、何とか離婚を阻止しようといきり立ちます。

その一方大城山組では、以前雅と龍に絡んだことで、龍が復習してくるかもしれない、龍にやられる前にやってしまおう…となり、龍の知らないところで龍を巡った三つ巴戦争が始まってしまいました。

 

翌日、なぜか龍が通っている料理教室で、婦人会と江口・雅でのからあげ対決が始まってしまいます。

龍は作った唐揚げをインスタにあげるため写真を撮ろうとしますが、その前に江口によって食べられてしまいました。

龍はその唐揚げを美久に食べさせようと会社に行きますが美久は不在。

 

上司に渡しといてくれと頼みますが、そのまま「話があります」と上司に引き留められました。

その後美久が会社に帰宅、龍の唐揚げ弁当を食べながら「うまい…電話してみようかな…」とつぶやきます。

その頃、龍は帰りながら美久の上司と話した内容を思い出していました。

内容は、龍が元ヤクザということで美久の仕事がなくなるかもしれない、美久の将来を考えるのであれば、美久のそばにいないほうがいいというものでした。

龍は考えながら歩いていると、車に轢かれてしまいます。

美久は龍が電話に出ないため向日葵に電話し向日葵が1人になっている事を知り「すぐ帰るから待ってて!」と走り出します。

ここで『極主夫道 4話』は終了になります。

【極主夫道 4話 感想】

さて、今回も笑いばかりかと思いましたが、なかなかシリアスな展開になってまいりました…

轢かれてしまった龍は誰に発見されるのでしょうか…

それとも大城山組に連れていかれてしまうんでしょうか…?

そして原作では公開されていない龍と美久のなれそめも序盤で出てきていましたね!

原作を読んでいたファンとしては実に気になるところです!

向日葵も原作では出てきていないので、そこも新鮮でおもしろいですよね♪

スポンサーリンク

極主夫道 5話 予告あらすじ

別居状態になってしまった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。

美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。

そんな矢先、龍が交通事故に遭う――。

一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。

美久が龍に電話をかけても、留守番電話になるだけだった。

向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。

美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。

向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。

雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。

江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。

天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる――!

雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。

雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。

雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。

美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。

雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

引用:公式ホームページより

『極主夫道』関連記事
error: Content is protected !!