危険なビーナス

危険なビーナスのドラマと原作との違いは?

東野圭吾の「危険なビーナス」が妻夫木聡主演でドラマ化されます。

「危険なビーナス」をもちろん読んでいたので、ドラマと原作との違いがとっても気になります。

妻夫木聡や吉高由里子など豪華俳優たちが出演していて、私にとっては原作のほぼイメージ通りの俳優陣となっています。

今日はそんな「危険なビーナス」のドラマと原作の違いについてご紹介していきます。

危険なビーナスのドラマと原作との違いは?

危険なビーナスのドラマ原作あらすじ

危険なビーナスの原作あらすじについては、ちょっとだけネタバレありでご紹介していますので、まだ読んでいない方は前知識として入れといていただければ~と思います。

危険なビーナスの原作あらすじネタバレあり? 2020年10月スタートの日曜9時ドラマ「危険なビーナス」 6年ぶりに地上波ドラマの主演を務める妻夫木聡に注目が集まってい...

危険なビーナスのドラマと原作、登場人物の違いは?

まず気になるのはドラマと原作の登場人物の違いです。

まれに原作には登場しない役がドラマでは設定されていたりします。

同じく2020年秋に放送される「極主夫道」でも、原作漫画には登場しない、龍と美久の娘(向日葵ちゃん)が設定されています。

極主夫道の原作とドラマの違うところは?2020年10月スタートの日テレ日曜ドラマ、「極主夫道」(ごくしゅふどう)。同名漫画の原作ネタバレを紹介します!実写PVの紹介もあります!...

「危険なビーナス」原作の登場人物を全て洗い出してみましょう!!!!

原作の登場人物
  • 手島伯郎(てしまはくろう)
  • 蔭山元美(かげやまもとみ)=伯郎の働く動物病院の助手
  • 池田院長:池田動物病院の院長
  • 矢神楓(やがみかえで)=伯郎の弟の妻
  • 矢神明人(やがみあきと)=伯郎の弟
  • 手島一清(てしまかずきよ)=伯郎の父
  • 矢神(手島)禎子(やがみていこ)=伯郎の母
  • 兼岩順子(じゅんこ)=伯郎の母の姉、つまり伯郎の叔母
  • 兼岩憲三(けんぞう)=順子の夫、つまり伯郎の叔父
  • 矢神泰治(やがみやすはる)=伯郎の母の再婚相手
  • 矢神康之介(やがみこうのすけ)=矢神泰治の父親(矢神家の当主)
  • 矢神勇磨(やがみゆうま)=矢神家の親族
  • 矢神明人(やがみあきと)=伯郎の母と泰治の間に生まれた子供=伯郎の父親違いの弟
  • 矢神波恵(やがみなみえ)=矢神家をとりまとめる現主

ドラマ「危険なビーナス」の登場人物

 

原作に登場する人物はほとんど網羅されていますが、最後の登場人物、「矢神家の使用人で執事の君津光(きみつひかる)」と「康治の専属看護師の永峰杏梨」はドラマのオリジナルキャラになっています。

君津光役の結木滉星からは以下のようなコメントが届いています。

結木滉星
結木滉星
(君津光は)すごくミステリアスで謎の多い人物なので、この物語の中にどう関わっていくのか楽しみにして頂きたいです

ちょっと気になりますよね。

そして、もう一人のオリジナルキャラ、福田麻貴さん。

オリジナルでわざわざ設定していますので、この2人の人物が原作を膨らませるキーパーソンとなることは間違いないでしょう。

 

また、出演者の中で気になるのがやはり、ディーン・フジオカ演じる矢神勇磨でしょう。

原作でも登場シーンは多いのですが、原作以上に登場するのでは???と期待しています!

伯郎の働く池田動物病院の院長先生について、キャストが発表されていません。

原作では時々登場するのですが、ドラマではちょこっとだけの出演なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

危険なビーナスのドラマの主なキャスト

手島伯朗(てしまはくろう)

独身の獣医師、手島伯郎のキャストは妻夫木聡(つまぶきさとし)です。

16年ぶりのTBSドラマへの出演となる妻夫木聡ですが、今回のドラマにかける意気込みも充分。

大好きな東野圭吾作品への主演にワクワクされているようです。

妻夫木聡が16年前に主演したドラマは「オレンジデイズ」

主題歌はMr.Childrenの「Sign(サイン)」。懐かしいですねぇ~。

危険なビーナスの前に昔の名作を観るのもおすすめ♪

プロデューサーの橋本芙美は主人公の伯郎を以下のように分析しています。

その育った環境から、母や弟、親戚たちに対して複雑な想いを抱えています。

どちらかというと恋愛にも奥手です。

過去とは距離を置き、獣医として充実した日々を過ごしていましたが、突然謎の美女=『弟の妻』が現れたことで生活が一変し、遺産相続争いと壮大な謎解きに巻き込まれていきます。

時には過去の辛い思い出と対峙したり、好きになってはいけない「弟の妻」に惹かれる自分にジレンマを感じたり……。

一見頼りなさそうな伯朗ですが、誰よりも真っ直ぐな心が、どんな状況も変えていく力を持っています。

矢神楓(やがみかえで)

伯郎の弟の妻、楓を演じるのは吉高由里子さんです!

ハッキリした物言いと行動力でハラハラさせられる才女の役どころ。

伯郎や勇磨を虜にするにはピッタリなキャストですよね!

これ以上ないキャストだとホントに嬉しかったです♡

危険なビーナス1話で吉高由里子の衣装、革ジャンのブランドと価格は?危険なビーナスで吉高由里子が初めて妻夫木聡(役名:伯郎)に会った時に着ていた革ジャンが気になります!今日は「危険なビーナス」の吉高由里子が着ている革ジャンのブランドや価格を調査してみたいと思います!...

矢神明人(やがみあきと)

天才肌で若きIT企業の社長である伯郎の弟。

幼いころから兄への接し方もクールで兄弟の絆はほとんどなし?

最初から行方不明というストーリー上、伯郎との絡みや出演シーンはあまり多くないのですが今回の事件の大事なキーパーソンですね!

矢神勇磨(やがみゆうま)

こちらも納得のキャスティング。

クールで嫌み。高飛車なオレ様キャラで女ったらし。

そんな勇磨を演じるのがディーンフジオカだなんて♡

妻夫木聡との楓の取り合い(?)シーンが見られるかも…。

 

スポンサーリンク

原作者:東野圭吾からドラマへ寄せられたコメント

自分でいうのも変ですが、「危険なビーナス」には面白いピースがたくさん詰まっています。
それらを玩具にして、もっといろいろと遊びたかったのですが、小説ではミステリ要素を重視したため泣く泣く我慢をしました。

その分ドラマの制作陣、役者さんたちには、思い切り好きなように遊んでもらいたいです。

期待しています。

このようなコメントから、原作とは一味違う面を持つドラマに仕上がるのではないかと思います。

スポンサーリンク

危険なビーナスのドラマと原作との違いまとめ

ドラマ「危険なビーナス」と原作との違いについて、登場人物から予想してみました。

登場人物についてはほとんど原作に忠実に設定されているようなので、原作と大きく異なる部分はなさそうですね。

ただ、原作者東野圭吾さんのコメントにありますように、ドラマには原作で描き切れなかった部分(遊び要素)を追加して、少し原作とは違うテイストで仕上がる可能性もありますね。

そうなると、先に原作を読んでおいて原作とドラマの違いを楽しみながらドラマを観るのも面白いかと思います。

 

『危険なビーナス』関連記事
error: Content is protected !!