#リモラブ〜普通の恋は邪道〜

リモラブ2話のネタバレあらすじと感想

10月21日に放送された「リモラブ」2話のあらすじとネタバレ感想をお届けします。

まさに今のwithコロナの世の中が描かれていますね。

気になるリモート恋愛ことリモラブだけなく、新たな生活形式にも納得できたり、発見共感出来ることが多そうな作品!

それでは早速、リモラブ2話のあらすじとネタバレ感想はコチラです。

リモラブ2話のネタバレあらすじと感想

リモラブ2話・あらすじ1(ネタバレあり)

ひょんなことからSNS上で知り合った人とやりとりをすることになった美々(波瑠)。

今まで恋愛することを忘れていた美々は、日々の何気ないやりとりの中でSNS上の相手・檸檬に恋をします。

2話は美々(波瑠)がその相手・檸檬が八木屋(高橋優斗)だと勘違いする所から始まります。

勘違いだと気づき、そんな恋は続かないと言われる美々ですが、実際はその後も連絡はずっと続いて5ヶ月が経っています!

やりとりで相手・檸檬からの返信で「会社のどの人?」と相手を見つけようとするのです。

そんな美々の恋する気持ちから見せる行動が驚きで、みどころです!

果たして、美々のリモラブはどうなるの?とワクワクもいっぱいですね^ ^

 

リモラブ2話・ネタバレ 恋する乙女全開の美々!

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】#リモラブ〜普通の恋は邪道〜(@remolove_ntv)がシェアした投稿

美々は、ゲームを通してSNS上で知り合った相手・檸檬とのやりとりで久しぶりに感じるトキメキ。

やりとりの中で、相手・檸檬が同じ会社の人である事は確実になりましたが相手は不明のままです。

最初に相手・檸檬が八木屋だと勘違いして、恥ずかしさを感じつつも相手との連絡は続きます。

順調にやりとりが進む中、相手・檸檬からの返信に一喜一憂する美々!

やりとりの中で、相手・檸檬からの思わぬ個人情報に注目し相手探しが始まります。

相手が誰だろうと気になる一方で、まさかの会社の青林(松下洸平)に意味ありげに食事に誘われることに。

なぜ?一体なぜ?と気になりつつ、もしや彼が檸檬!と考える美々です。

しかし、青林が営業部の我孫子(川栄李奈)とイチャイチャしている場面を目撃!

彼から逃げるように屋上へと向かう美々。

長いこと恋愛から遠ざかっていた彼女は、もしや彼は自分に気があるのでは?あるいは彼が檸檬なのでは?と思っていたましたが、違ったと感じます。

実は、青林が美々を食事に誘った理由は、五文字(間宮祥太郎)に頼まれたからです。

 

まさかの尿酸値で相手が見つかる?

美々は檸檬に「会いませんか?」と言われた際に、やりとりの中で相手の尿酸値を偶然知ります。

彼女は、この尿酸値を元に相手を探そう!と動き出します。

会社の産業医である美々は、その立場を利用して全社員の健康結果のチェックをします。

真剣に作業している彼女の姿に八木屋が何をしているのか、と問うと尿酸値5.29を探していると答える美々です。

ここで八木屋から「5.29でないとダメですか?」と聞かれると、「はい、5.29です!」とハッキリと強く答える美々の姿もまた面白い!

最終確認は特別健康面談で!

尿酸値5.29という情報を元に、この数値に該当する社員を特別健康面談という名目で集めるのです。

その特別健康面談で行ったのは、まさかの草餅の葉っぱを食べること!

えっ?と驚きますが、相手・檸檬が普段食べるという草餅の葉っぱを社員たちの前で食べて、反応を見て相手を見つけようと考えます。

すると、4人いる社員のうち1人だけがやりとりの相手・檸檬と同じ言葉「僕も食べるけど」と言いいます。

その1人とは・・・朝鳴部長(及川光博)だったので、予想していなかった相手に戸惑う美々

予想外の朝鳴部長が相手だと思い、美々は戸惑いと共に自分の理想とは違ったことに気づき、彼からの会おうの誘いを断ることに!

気づくと動き出していた美々!

美々は檸檬に会えないことと、さよならを告げるのです。

すると、さよならを告げられた彼から想いの綴られたメッセージが彼女の元に届き、彼からの言葉に気づくと彼の元へと向かいます。

美々が向かった先は、朝鳴部長のいる居酒屋おと!

居酒屋に勢いよく着いた美々は、その勢いのまま朝鳴部長に向かって「私が草モチです!」と言います。

そんな彼女に「えっ?誰?」と驚きながら答える朝鳴部長。

檸檬の正体が明らかに!

美々は自分なりに調べた上で、檸檬は朝鳴部長だと思っていますが、実際は青林だったのです。

一瞬彼かもと疑った彼女でしたが、彼が彼女とイチャイチャしている場面を見て勘違いだったと思います。

しかし、実際は青林が檸檬だったことが、青林が彼女とのやりとりで話していることで明らかに!

檸檬こと青林は、彼女にも今後はSNS上で知らない人と連絡を取ることはしないと約束をするのです。

リモラブ2話・感想 美々が檸檬の正体を知るのは果たしていつ?

リモラブ2話では、美々がSNS上でやりとりをしている相手・檸檬が青林であることが明らかになります。

ですが、美々本人はまだその事実を知らず・・・同じ会社にいる相手を探そうとする姿があり、その姿はまさに恋する乙女!

私は、檸檬とのやりとり一つ一つに、一喜一憂する美々の姿が可愛く、また面白かったです^ ^

リモラブは実際に相手の姿が見えない、誰だか分からないからこそ、ドキドキが詰まっているのだろうと感じますね。

八木屋に続き、朝鳴部長も檸檬でなく、じゃ一体誰なの?という美々の表情で終わり、続きが気になるところ!

さらに、リモラブでの恋が実のか、実らないのか、という事も私は気になります。

美々の中では、実際に檸檬である青林は檸檬でないと認識しているだけに、これからの展開がどうなるのかと楽しみです。

スポンサーリンク

リモラブ2話のネタバレあらすじと感想まとめ

リモラブで久しぶりに恋をしている美々が、相手の正体を知ろうとする姿が盛り沢山の2話!

これからさらに、色んな展開が起きそうですね。

そして美々が檸檬の正体を知ることになるのは・・・いつになるのか、知った時の美々の反応や表情も気になりますね^ ^

ということで、リモラブ2話のあらすじ、ネタバレ感想をお届けしました。

『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』関連記事
error: Content is protected !!