IT

アクティベート中です~AppleWatchからiphoneへSuica移動で困ったとき

先日AppleWatchを購入し、SuicaをiphoneからAppleWatchへ移動しました。

「これで電車に乗るとき楽ちん!」と思ったのですが、電車に乗る頻度も低くAppleWatchをつける頻度も落ちてきて、やっぱり面倒だからとiphoneにSuicaを戻しました。

ところが、iphoneのWalletではこのsuicaはご利用になれませんと表示されるし、Walletではアクティベート中ですのままだし…。

ちょっと困ったので解決方法を記録しておきます。

アクティベート中です/このsuicaはご利用になれませんを解決する方法

困って色々試したのですが、最終的に解決した方法は以下の通りです。

  1. iphoneのWalletからsuicaを削除
  2. iphoneを再起動
  3. iphoneのWalletにsuicaを追加
前提
  • 過去はiphoneでsuicaを使っていた
  • 残高も残っている状態
  • AppleWatchからiphoneへsuicaを移動した

Step1.iphoneのWalletからsuicaを削除

まだ残高があるのにWalletからsuicaを削除してしまったら、カード自体が削除されてしまうようでかなり心配ですが、Apple PayのSuicaをWalletから削除することは、本当の削除ではなく、【サーバーに退避】となるようです。

ですので、削除しても残高は消滅しないので大丈夫です。

iphoneのSuica削除手順
  1. [Wallet]アプリを起動
  2. 削除したいSuicaを選択し、右上マークをタップ(詳細表示)
  3. [このカードを削除]をタップ

Step2.iphoneを再起動

iphoneを再起動とは、一旦電源をOFFにして再度ONにする操作のことです。

iphoneの電源をオフにする

iphoneは機種によって電源オフの方法が異なります。

見分け方は画面に●ボタンがあるタイプとないタイプです。

●ボタンがあるタイプは「iPhone 6/7/8、SE」の電源オフにする方法をご確認くださいね!

iPhone X/11/12の機種の電源をオフにする

画面右側のボタン(サイドボタン)と左側の音量ボタン(大・小いずれかでOK)を同時に長押しします。

「スライドで電源オフ」と表示されるので、スライダーを動かして電源ONします。

iPhone 6/7/8、SEの機種を電源をオフにする

第二世代のiphoneでは画面右側のボタン(サイドボタン)のみを長押しでOK!

「スライドで電源オフ」と表示されるので、スライダーを動かして電源ONします。

iphoneの電源をオンにする

電源オンの方法はいずれの機種でも同じです。

Appleのロゴが現れるまでサイドボタンを長押しします。

Step3.iphoneのWalletにsuicaを追加

iphoneの【Wallet】を起動し、右上の [+]をタップします。

Apple Payの案内画面で[続ける]をタップして、Suicaをタップします。

これで無事にsuicaをiPhoneに戻すことができました!

残高も無事ですっ!

スポンサーリンク

AppleWatchからiphoneへsuicaを移動した手順と障害現象

ちなみに、AppleWatchからiphoneへsuicaを移動した手順は以下の通りです。

Watchからiphoneへ移動
  1. ペアリングしたiPhoneでWatchアプリを起動
  2. [WalletとApple Pay]をタップ
  3. [WATCH上の支払い用カード]に表示されたSuicaのうちiPhoneに移動したいSuicaを選択しタップ
  4. [情報]タブから[カードを追加:“iPhone”]をタップ

この手順はsuicaのよくある質問を確認しながら行いました。

そして、その後前述の「このsuicaはご利用になれませんアクティベート中です」。という状態になってしまいました

 

実は、これらの処理をした後、すぐにWatchを家において出発してしまったんですよね~。

電車の時間がギリギリだったので…。

そして、自動改札にiphoneを当てるも無反応…。

やばい!時間が…!

ということで久しぶりに券売機で切符を買う羽目になりました💦

 

suicaのよくある質問にも注意事項として、

必ず通信の安定した場所で行ってください。

と書いてあります。

 

少なくともアクティベートが終了し、間違いなく使えるようになるまでは電波の安定したところで処理をする必要があります。

ちゃんと注意事項を読みましょう!ということですね(;^_^A

スポンサーリンク

まとめ

Apple Watchとiphoneの間でsuicaを行ったり来たりさせることはそんなに難しいことではありません。

ただし、その際は必ず電波の安定したところで行うことが大事ですね。

以上、「このsuicaはご利用になれません」「アクティベート中です」の対策をご紹介しました。

今回のケース以外にも「アクティベート中」となるケースがあるようです。

困ったときにはiphoneの再起動というのも1つの手だと思います。

お困りの方はお試しくださいね。

IT関連記事
error: Content is protected !!