IT

インスタグラムのリールで音楽が検索できない時の裏技

インスタグラム(Instagram)のリール機能使いこなしていますか?

リール機能を使いこなそうにも、リールに欠かせない音楽(音源)が検索できないということで困っている方がめちゃめちゃ多いんですよね。

でも、ちょっと裏技的な方法でリールに気に入った音楽(音源)をつけることができるのでその裏技をご紹介しますね。

ただし、インスタグラム(Instagram)の仕様は頻繁に更新されますから、今日できたことが明日できない・・・なんてこともあります。

この裏技でできなくても恨まないでくださいね。

インスタグラムのリールで音楽が検索できない時の裏技

インスタグラムの音楽が検索できない状態とは

リールを投稿しようとするとき、音符アイコン(♬)から音楽を追加することができますよね。

音符アイコン(♬)をタップした時の画面がこちら🔻

インスタグラムの音楽検索

実はこの時点でもうお気に入りの音楽は探せません😅

音楽が探せるアカウントの場合、音楽アイコン(♬)をタップした時に表示される画面はこんな感じで、今現在人気の曲リストになっているんです。

リールのおすすめ音楽

この状態なら、「🔍ミュージックを検索」の入力欄にお好きなアーティスト(歌手)やお好きな曲を入力すれば、大体の曲は探せます。

でも、上の画像だった場合は、「🔍ミュージックを検索」をタップした時点で「使用できる音楽がありません」と表示され、検索することすらできません。

使用できる音楽がありません

それで無視して「🔍ミュージックを検索」に何か文字を入れると、「一致する結果はありませんでした」になりますね。

インスタグラムの音楽が検索できないケース

インスタグラムの音楽が検索できないのはアカウントに依存しているようです。

基本的にはプロアカウントでお使いのインスタグラムアカウントは音楽が検索できないようです。(2021年11月現在)

個人アカウントに切り替えると音楽は探せるようになります。

ちょっと前は、【プロアカウント→個人アカウント→プロアカウント】と何度かアカウントタイプを切り替えたら音楽が検索できるようになった。という声もありましたが、今はそれもできないようです。

今もプロアカウントなのに音楽が検索できる人もいます。アカウント発行のタイミングやプロアカウントに切り替えたタイミングなども影響していると思われますので、一概に●●の場合OK❗️とは言えないようです。

インスタグラムにお気に入りの音楽をのせる裏技

では、どうしたら良いか・・・。

実は他のアカウントでストーリーに音楽をつけているものがあれば「保存」ができます。

リールではなくて、ストーリーです!

ここポイントです。

①ストーリーの音楽(音源)の気に入ったものを探して、音楽をタップ

②音楽を保存をタップ

こうしておくと、次回自分のリールを作成するとき、保存済みの音楽(音源)を使うことができます。

ただし、あくまでも2021年11月現在の仕様です。

基本的にはインスタグラムの「プロアカウントを使っている人はビジネス用である」という判断で、音楽が使えない仕組みになっていると思われます。

著作権の問題等色々ありますからね。

なので、いつこの方法が使えなくなるか分かりません💦

でも、素人(ビジネスではなく個人)でもインサイト(検索数やリーチ数などのインスタグラム分析)は使いたいですよね。

インサイトを見るために【プロアカウント】にしているだけなのに音楽が使えないってちょっと残念です。

究極、「音楽をとるか」「分析を取るか」の2択って感じです。

スポンサーリンク

インスタグラムのリール機能のメリット

ちなみに、インスタグラム(Instagram)のリール機能のメリットはたくさんあります。

 

💎投稿と同じようにフィード(本文)が入力できて、リールと投稿に同時にUPできる

💎検索結果の上位に表示された場合、2枠分で表示されるのでとっても目立つ。

💎ストーリーのように24時間で消えない

💎音楽と動画のセットで人の記憶に残りやすい

 

活用しないともったいないので、ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

インスタグラムの音楽検索裏技まとめ

インスタグラムの仕様が変わりやすいので、いつまでこの裏技が有効なのか不明ですが、

リールやストーリー用の音楽(音源)が検索できない時の裏技は、以下の通りです。

①他の人のストーリーの音源を保存する

②自分のリール、またはストーリーの音楽は保存済の①の音楽を使う

お気に入りの音楽を使っているストーリーを探すのは大変なので、もしアカウントを複数運用しているなら、どれか1つをこじんアカウントにして、好きな音楽をストーリーに載せると良いかと思います。

 

IT関連記事
error: Content is protected !!